子宮がん 検査について、知って得するお役立ち、検索エンジン上位表示の最新 子宮がん 検査情報をあなたに提供しています。

がんTOP 胃がん 子宮がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 乳がん 前立腺がん 食道がん

子宮がん 検診

 子宮がんは、定期的に子宮がんの検査を受けていれば、早期発見することができます。定期的に検診を受けることが最大の予防法といえます。


 子宮の入り口(頸部)の粘膜から、細胞を採取して、子宮内部の膣がんや子宮がんの発見に役立てます。

子宮がん検診の検査項目

経膣超音波 細い超音波器具を膣内に挿入して、子宮や卵巣の状態を調べます。痛みはほとんどありません。子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣の腫瘍などに超音波検査がとても有効です。
子宮頸部細胞診 頚部を綿棒で触って細胞を採取し、悪性細胞がないか検査します。子宮頸部の表面の細胞を綿棒などで採取して顕微鏡で調べます。
子宮体部細胞診 子宮内膜(体部)の細胞を採取して検査します。
 子宮体がん検診の場合、細胞採取時に疼痛を訴える場合もありますが、ほとんどは一過性のものと思われています。また、精密検査における組織採取時に、可能性としては子宮内感染、子宮穿孔がありますが、頻度としては極めて少ないものと考えられています。