子宮がん 症状について、知って得するお役立ち、検索エンジン上位表示の最新 子宮がん 症状情報をあなたに提供しています。

がんTOP 胃がん 子宮がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 乳がん 前立腺がん 食道がん

子宮がん 症状

 子宮頚がんの初期には、自覚症状は先ずありませんが、そのうち、月経が不順になったり、性交後の出血や、さまざまなおりものが現れてきます。さらに進行すると、普段でも性器から出血するようになり、下腹部の痛みや発熱、やがては排尿困難、排便困難が起きてきます。全身に転移すると、貧血、食欲不振、体重の減少などが現れます。症状がなくても、30歳以上からは、年に1回、子宮頸部がんの検診を受けられることをお勧めします。


 子宮体がんの症状として、閉経後であっても、病気が早い時期から出血やおりものが現れてきます。おりものは、最初は、水様性ですが、進行するにつれて血や膿が混じるようになります。

 そして、痛みや貧血などが現れ、子宮内に血液や膿がたまってくると、激しい下腹部の痛みとともにそれらが排出されます。進行は、子宮頚がんよりもゆるやかですが、全身に転移すると貧血、食欲不振、体重減少などが起こってきます。