サメ軟骨。知って得するお役立ち、検索エンジン上位表示の最新 サメ軟骨情報をあなたに提供しています。
がんTOP 代替医療 健康食品

サメ軟骨とは?

サメ軟骨(Shark cartilage)とは、軟骨魚であるサメの軟骨をいいます。サメ軟骨を用いた商品には、錠剤とパウダー(粉末)、液状の3種類があります。さめ軟骨に含まれるムコ多糖体、いわゆる自然のコンドロイチン、グルコサミン、コラーゲン、ヒアルロン酸が多く含まれています。

 昔から、フカヒレは高級食材の一つとして知られていることもあって、フカヒレの元もサメ軟骨であることから、サメの軟骨と言えば、科学的な裏づけがなくても、サメ軟骨という言葉だけで、健康には良さそうと思われる方も少なくないでしょう。

 サメは、いろんな病気に対する抵抗力があること、サメは人間と同じように細胞性免疫と抗体による液性免疫も備え、傷ついてもすぐに回復する力を持っていることなどから、平均寿命も人間並み、またはそれ以上の長寿であるといわれています。本当にサメの生命力は凄いものがあります。

なぜ、サメ軟骨はがんに良いのか?


 がん細胞は、細胞分裂を起こして増殖するために、元々ある血管から新しい血管を形成すること(血管新生)により栄養補給をしています。規則的な(妊娠や子供の成長期などの)血管新生は,通常の生理的な現象であり、血管新生そのものは病気ではありません。

 しかし、がん細胞による栄養補給のための血管新生は抑制しなければ、がん細胞はどんどんと増殖を続け転移していきます。 このような訳で抗がん剤は、がん細胞が増殖するために必要な栄養を吸収する補給路(血管新生)を遮断する、血管新生抑制剤であるわけです。

 骨と軟骨の違いは、骨には血管がありますが、軟骨には血管がないのです。骨の硬さには関係ありません。サメの骨格はすべて軟骨です。軟骨が無血管なのは、血管ができる脈管形成を阻止する物質、血管造成抑制作用を持ったタンパク質が存在しているからだといいます。それを裏付けるかのようにサメは、がんに罹らないといいます。

 サメ軟骨に含まれる成分に血管新生抑制物質の存在が確認された後、テレビなどのマスコミでも取り上げられ、大きな反響を呼び、にわかに注目を集めるようになりました。

サメ軟骨の利用に当たって?


 サメ軟骨にもの問題点がありました。それは魚の臭いです。このため、飲み続ける事が困難でしたが現在では、処理方法や製造方法、原材料となるサメにも改善がなされ、臭いはほとんど気にならなくなっています。

 従来のサメの軟骨加工法は、生のサメの軟骨を加熱、脱水し粉砕、または冷凍粉砕後粉末にしています。これに比べ、濃縮活性サメ軟骨は、製造工程で薬品を一切使わずに、天然水による抽出が行なわれています。低温製造工程で活性分子(有効成分)を水の中で濃縮し、抽出可能な部分(約5%)から、水溶性の部分を抽出して濃縮したものが、濃縮活性サメ軟骨エキスになっています。

 サメ軟骨の本場、カナダにあるアトリウムバイオテクノロジー社は、濃縮活性サメ軟骨の原末供給会社として、また、研究開発において世界でも高水準の抽出技術を持った企業であり、同社の公式サイトでは、サメ軟骨に関する化学的根拠に関する情報などを紹介しています。

 しかし、新脈管形成を阻止するためのタンパク質は、血流の中まで入り込まないと、がんに対する効果は期待できないのです。患者が口からサメ軟骨を摂取すると、腫瘍の領域に達する前に、大方のタンパク質は消化されてしまいますので、いつでも新脈管形成を阻止するという訳ではありません。

 FDA(アメリカ食品医薬品局)は、治療実験薬として公式にサメ軟骨の使用を認めています。治療実験、臨床試験の結果によっては、サメ軟骨が医薬品として認可される日も近いかもしれません。 

 サメの軟骨は、がん治療の効果に期待されています。効果を臨床的に示すために、アメリカ食品医薬品局の賛同を得て、現在も研究が重ねられています。抗がん剤のような治療よりも、サメ軟骨のような安全な天然物質の使用は注目されるべきことで、これからに期待がかかっています。しかし、まだ、人間に対する臨床事例など科学的根拠は公開されていません。

 国立ガン研究所(NCI)は、現在、液体サメ軟骨抽出物から新しい制癌臨床試験を行っています。 NCIとモントリオールを拠点とするバイオテクノロジー会社(Aeterna研究所Inc.)は、550人の患者でテストしています。 こちらでは「サメの軟骨サプリメントは効き目がない」という紹介もありますのでご参考に。

 サメ軟骨の利用には注意が必要です。妊娠女性や妊娠しようとしている女性、心臓発作や外科的処置を経験した人、子供にもお勧めできません。 また、サメ軟骨のがん治療効果が人に対して、科学的な裏づけがないこと。潜在的副作用なども含めて、公には認められていないということもありますので、使用に当たっては、この点を留意されることが大切です。

(1)ガンに克つ!ダブルアタック療法―最強の組み合わせ「酸処理アガリクス+サメ軟骨」の「複合エキス」でガンを叩く!
(2)ガン徹底攻略!―ガン治療革命 臨床医23人の証言 「高濃度・液体サメ軟骨エキス」のガン抑制力
(3)「液体サメ軟骨エキス」でガン細胞をたたく!―元国立がんセンター医師ら20人の臨床医が実証 ガン患者24人が改善効果を語る
(4)ガンの栄養補給路を破壊せよ!―液体サメ軟骨エキスによる血管新生抑制療法の全貌 (ガン戦争シリーズ)
(5)サメの軟骨がガンを撲滅する!―アメリカ医学界の快挙 (元気健康ブックス)

常識を超えた濃縮サメ軟骨 サメ軟骨 サメ軟骨