大腸がん 大腸癌 に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の大腸がん 大腸癌 情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 乳がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

大腸の構造と働き

大腸の構造
(画像をクリックすると拡大表示します。)
大腸は、結腸、直腸を合わせて大腸といいます。胃から送られてきた食物は、まず十二指腸に入り消化され、栄養素は肝臓や小腸でほとんど吸収します。次に消化されなかった食物の残りは、大腸に送られてきます。小腸の先にある大腸の長さは、約1.5メートルあります。小腸の大きさは大腸に比べて半分ですが長さは5、6メートルにもなります。

 大腸の働きは、水や電解質(Naイオン)を吸収すること。大便を作ってため、排出することです。小腸から送られてきた食物の残りは、ドロドロですが、結腸を移動する間に水分が吸収されて硬くなり、通常の便になります。

大腸がん(直腸がん)

大腸がんは年々増加傾向にあり、食生活の欧米化に原因があると指摘されています。大腸がんの発生は食事の欧米化に伴って年々増加しており、がんによる死亡のうち第3位(年間約4万人)、特に女性では第1位を占めます。その一方で早期発見できれば高い治癒率が得られるのが特徴です。


 大腸の部分の中で極めて肛門に近いところ、すなわち肛門から入ってすぐのところからS字結腸になるまでのところにガンの腫瘍が出来たときにできる、癌・がんを直腸がんと呼びます。検査は、肛門から行うため、違和感や変化などの初期症状があるのに診断を受けることを恥ずかしがって診察を受けないでいることが多く、そのため、大腸がん(直腸がん)が進行してしまってから発見されることが少なくありません。

詳しくは、こちらの国立がんセンター がん対策情報サービス 大腸がんとはでご覧になれます。

内視鏡検査で大腸ガンの
8割は予防できる
icon
icon
「大腸がん」と
言われたら…
icon
icon
大腸がん
icon
icon
「大腸がん」のことが
とてもよくわかる本
icon
icon

大腸がんとは

とは
『大腸癌』より : 大腸癌(だいちょうがん、英:Colorectal cancer)は、大腸(盲腸、結腸、直腸)に発生する癌腫である。肛門管に発生するものを含めることもある。 正式には部位別に盲腸癌(もうちょうがん、Cecum cancer)、結腸癌(けっちょうがん、Colon cancer)、直腸癌(ちょくちょうがん、Rectum cancer)と称される。 疫学 日本では女性のがんの死亡率の1位、男性では3位を占め、2015年には男性でも2位に上昇すると予想されている。アメリカ合衆国においては、3番目に多い癌で、癌死の原因として2番目に多く、生涯に大腸癌に罹患する確率は約7%である。日本でも胃癌を追い越し肺癌についで2番目に多くなっている。 2014年の「がんの統計」では、男女合わせた罹患数では、胃癌・肺癌に次いで3番目である。 危険因子 以下のものが報告されている。 大腸癌に罹る家系 特に55歳以前の罹患や癌の多発の場合、顕著である。 年齢 大腸癌に進行するリスクは年齢とともに増加する。その多くは60歳代から70歳代で後期がんが発見されるが、早期発見のためには40歳以降は定期的な検診が必要であるとされる。