大腸がん 大腸癌 大腸がん 術後に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の大腸がん 大腸癌 大腸がん 術後情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 乳がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

大腸がん 術後

 大腸がんの術後開腹手術の後には、多かれ少なかれ腸と腸、腸と腹壁などが癒着したりします。このために、食物の通過が悪く腹部の膨満感や嘔気があったりすることがあります。


 また、大腸がんをとり除いた後、手術後縫い合わせたところを食べたものが通りにくくなり、嘔気や便秘をすることがあります。これらの症状は時間とともに改善され、少しずつ落ち着いてきます。

 直腸にがんが発生した場合は、直腸の一部または全部を切除するため下痢や便失禁、便秘など直腸がん術後の排便機能障害が発生します。がんが直腸の中でも上方にある場合は、肛門が温存されるため排便機能障害も少なくて済みます。

 手術後、2週間以上経過すると腸の動きも安定し便の回数も徐々に減って落ち着き、便も下痢状から便らしい便になってくるようです。いずれにしても術前と同じ機能にまで回復する可能性は低いようです。