癌・がん がん保険に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の癌・がん がん保険情報をあなたに提供しています。
HOME がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

がん保険

わが国における、年間死亡総数は100万人を突破しており、そのうち、約3人に1人が、がんで亡くなられています。さらに、2015年には2人に1人ががんで亡くなると予想されており、現在300万人とも言われる、がん患者が540万人程度まで急増するといわれ「がんの2015年問題」とされています。(参照:東大医学部附属病院 中川恵一著「がんの教科書」)


 がん保険は、がんと診断された時や入院された時に、安心してがんと戦う為の必要な経済的備えとなる保険です。最近では、定期的なメディカルチェックを受けるための健康お祝い金がでたり、診断給付金が何度も支払われたりと、各社各様の保険が販売されています。(引用:がん保険比較 |保険比較の保険市場 )

がん保険とは

とは
がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。脳卒中や心筋梗塞を対象とした保険とともに特定疾病保険と呼ばれることもある。 日本では国民皆保険であり、大多数の癌治療は国民健康保険に代表される公的医療保険により行われる。従って、民間によるがん保険の役割は公的医療保険の補完的なものとなる。公的医療保険が定める自己負担分の補填、通院のための交通費や入院中の差額ベッド代の補填、また休職等による収入の損失の補填、さらには診断に対する「見舞い金」名目などが給付の趣旨となる。日本の公的医療保険では、高額療養費の支給により高額医療における患者自己負担額の上限は大幅に抑制(一例として、住民税非課税者の実質自己負担額は最大で月額35,400円を超えない)されており、「民間医療に未加入のために、標準的な癌治療が受けられない」、もしくは「癌治療のために破産する」といった米国などの状況とは異なる。