癌・がん 胃がんに関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の癌・がん 胃がん情報をあなたに提供しています。
HOME がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

胃がん

胃がんは、世界の中でも日本人に多いとされてきました。胃の粘膜にできた悪性腫瘍を胃がんといいます。胃がんは、50歳後半〜60歳代にできる人が最も多く、発症も男性に多くみられます。また、最近は減少傾向にありますが、日本人に最も多いがんです。 胃がん(胃癌)は、大きく分けて「早期胃がん(胃癌)」と「進行胃がん(胃癌)」に分類されます。


 それは胃の粘膜から発生した胃がん(胃癌)が胃壁の筋肉層まで浸潤しているかどうかで判定します。
 早期に根治手術をすれば、その8、9割りは治り、範囲が小さければ、内視鏡をつかった治療でも、切除できます。 胃がん 食事 胃がんを予防するためには、減塩することが大切です。

胃がんとは

とは
『胃癌』より : 胃癌(いがん、英:Stomach cancer、独:Magenkrebs)は、胃に生じる癌の総称。 定義 広義の「胃癌」には以下の種類がある。 胃粘膜上皮から発生した癌腫:狭義の胃癌(本稿で主に記述) 上皮以外の組織から発生した悪性腫瘍:GIST・胃悪性リンパ腫など 疫学 胃癌は中国、日本、韓国などアジアや南米に患者が多く、アメリカ合衆国をはじめ他の諸国ではそれほど顕著ではない。 2003年の日本における死者数は49,535人(男32,142人、女17,393人)で、男性では肺癌に次いで第2位、女性では大腸癌に次いで第2位であった(厚生労働省 人口動態統計より)。かつて日本では男女とも胃癌が第1位であったが、死者数は年々減少している。 日本では、国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究グループにおいて、多目的コホート研究(JPHC Study (Japan Public Health Center-based prospective Study))結果が発表されている。