癌・がん 肝臓がんに関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の癌・がん 肝臓がん情報をあなたに提供しています。
HOME がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

肝臓がん

臓器の中で、一番大きな臓器である肝臓に発生する癌です。肝臓がんは、肝臓そのものの細胞から発生する原発性のものと、ほかの臓器で発生した癌が、血液とともに運ばれて肝臓で増殖してできる転移性のものの2つに大別されます。


 原発性のものは、胃がんや肺がんに次いで多い癌で、発生数は毎年のように確実に増加しています。肝臓癌は、ウィルス性肝炎から起こる肝硬変に続いて発症することが多く、転移や肝不全が起こりやすく、再発しやすい特徴があります。

肝臓がんとは

とは
『肝癌』より : 肝癌(かんがん、英: Liver cancer)は、肝臓に発生する悪性腫瘍の総称である。 分類 大きくは肝臓が発生元である原発性肝癌と、他臓器で発生したがんが肝臓に転移した転移性肝癌の二つに分けられる。原発性肝癌はさらに組織型によって分類される。 原発性肝癌の大部分は肝細胞癌 (hepatocellular carcinoma; HCC) であることから「肝癌」という言葉は狭義に「肝細胞癌」を指す場合がある。 以下、2000年のWHO histological classification of tumours of the liver and intrahepatic bile ducts の資料を元に分類し解説する。 上皮性腫瘍 良性:肝内胆管腺腫など。 悪性 肝細胞癌:肝臓の実質である肝細胞から発生する癌。日本では原発性肝癌の約90%。その原因の多くがC型肝炎(約72%)によるもので、以下B型肝炎(約17%)、NASH、アルコール性肝炎、原因不詳と続く。