癌・がん 腎臓がんに関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の癌・がん 腎臓がん情報をあなたに提供しています。
HOME がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

腎臓がん

 腎臓がんは、尿をつくる尿細管の細胞から発生する癌です。腎臓がんの原因は、正確にはまだ分かっていませんが、病因としては腎不全、喫煙、性ホルモンや高血圧、肥満などの関与が上げられています。


 40歳以上で発生しやすく、60歳頃が最も多いがんといわれています。早期のうちは、あまり症状がないため、他の病気で精査中に偶然発見される場合が増えてきています。大きくなって、血尿がでたり、痛みがでたりします。

 最近では人間ドックでの超音波検査の普及や、他の病気でCTがとられる機会が増え、 小さい段階で見つかるようになってきました。発見が遅れると、リンパ節 や肺や骨などの他の臓器に転移をおこすことがあります。肺転移が起きると咳、 痰、血痰がでたり、骨転移が起きると痛みや手足のしびれがでたりしますので早めの診察が大切です。

腎臓がんとは

とは
腎臓がん(じんぞうがん、英語:kidney cancer)は腎臓に発生する悪性新生物のこと。特に腎細胞癌を指すことも多いが、以下のような組織型のものがある。 分類 腎細胞癌(腎癌、グラヴィッツ腫瘍、Grawitz腫瘍) 腎細胞癌(じんさいぼうがん)は、腎臓の尿細管上皮細胞の腺癌。 症状 繰り返す肉眼的血尿が認められる。繰り返す肉眼的血尿を間欠的肉眼的血尿という。腎血管を圧迫して腎血管性高血圧を示すこともある。 統計 男女比は3:1。 症状 間欠的血尿は約50%の症例で認められる。 歴史 ドイツの病理学者グラヴィッツによって詳述された。 尿路上皮癌(腎盂癌) 腎盂・腎杯の上皮より生ずる癌腫。成人では腎細胞癌と共に頻度が高い。 腎芽腫(ウィルムス腫瘍、Wilms腫瘍) 小児に特有の腫瘍。 他にも、頻度は稀であるが平滑筋肉腫ほか様々な組織型のがんが生じることがある。 腎臓がんは男性に多く発症し、50〜60代が好発年齢とされる。また腎不全のために人工透析を長期に渡って受けている患者は腎臓がんになるリスクが上がることが知られている。