癌・がん 乳がんに関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の癌・がん 乳がん情報をあなたに提供しています。
HOME がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

乳がん

乳がんは、乳汁を分泌して乳首へ送る乳腺組織に発生する癌です。治療効果は比較的いいのですが、毎年のように発症者が増加しているため、それに伴って死亡者数も増加しています。


 また、癌が発生する部位は乳首より外側上当たりの腋のあたりが最も多く、全体の約半分を占めています。腋の下のリンパ節に転移しやすく、そこから脊椎や骨盤などの骨や肺、脳へ転移することもあります。
 かつては欧米に多い病気でしたが、食生活の変化から日本でもよく見られるようになりました。主に30歳代や40歳代に多く、出産経験のない女性がかかりやすいと言われています。

乳がんとは

とは
『乳癌』より : 乳癌(にゅうがん、英: Breast cancer)は、乳房組織に発生する癌腫である。 疫学 世界中でよく見られる癌で、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされている。また乳癌女性患者のおよそ20%がこの疾患で死亡する。 乳癌に罹患するリスクは年齢と共に増加する。生涯で乳癌に罹患する確率は、日本人女性で16人に1人、男性で極めて稀である。欧米では8〜10人に1人である。 罹患の要因 乳癌に罹患する確率は色々異なった要因で変わってくる。家系によっては、乳癌は遺伝的家系的なリスクが強い家系が存在する。人種によっては乳癌リスクの高いグループが存在し、アジア系に比べてヨーロッパ系とアフリカ系は乳癌リスクが高い。 他の明確になっているリスク要因としては以下の通り。 妊娠・出産歴がない。出産回数が少ない。 第一子出産の後、母乳を与えない。なお、関連がないとする報告もあり。 初経年齢(月経が始まった年齢)が低い。 閉経年齢が高い。 ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けてい