癌・がん 皮膚がんに関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の癌・がん 皮膚がん情報をあなたに提供しています。
HOME がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

皮膚がん

皮膚がんは、表皮や真皮などの細胞に発生する癌です。40歳代以上から発生が多くなり、70歳代くらいでピークとなります。顔など外に出ている皮膚によく発生します。


 基本的な治療法は、手術療法ですが、そのほかに放射線療法、化学療法、免疫療法などの単独あるいは組み合わせて治療が行われています。

皮膚がんとは

とは
皮膚がん(ひふがん)は、皮膚に生じた悪性新生物の総称である。主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 解説 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。これはフロンガスによるオゾン層破壊が進み、太陽からの紫外線の量が増加したためと考えられる。 脚注 ==。