肺がん 肺癌 肺がん 化学 療法に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の肺がん 肺癌 肺がん 化学 療法情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 乳がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

肺がん 化学 療法

日本における肺がんの死亡数は、年間5万人を超え胃癌を抜いて、がん死亡の第1位となっています。この数は、今もなおも増加傾向にあり、日本人の約15人に1人が肺がんで死亡する計算になります。肺がんの中でも、最も多いのは腺癌で、男性の40%、女性の70%以上を占めています。扁平上皮癌は男性の40%、女性の15%、小細胞癌は15〜20%です。喫煙が肺がんの最大の危険因子であり、毎日喫煙する人が肺がんを発症するリスクは、非喫煙者の約4.5倍になるといわれています。

 早期の肺がんでは、手術療法が効果的ですが、患者の年齢や全身状態、臓器機能、合併症、既往症などを考慮しながら手術療法、化学療法(抗がん剤)、放射線療法、免疫療法などを組み合わせて行われます。いくつかの臨床試験で、術後化学療法によって、再発抑制する効果と延命効果があるとされいます。


 化学療法には毒性の強い抗がん剤を用いるため、必ず副作用を伴います。抗がん剤による副作用では、白血球や血小板の減少が限度を超えてしまうと、簡単に出血しやすくなり、出血が止まりにくくなります。また、食欲不振、肺炎、神経障害、肝臓障害なども生じてくるなど、副作用はいろんなダメージを起こします。主治医と相談しながら、患者の負担が過度にならない治療が求められます。