肺がん 肺癌 肺がん 末期に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の肺がん 肺癌 肺がん 末期情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 乳がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

肺がん 末期

 肺がんは、初期のうちには自覚症状があまり出ないことから、発見時に手術可能なものは、3分の1くらいになっているようです。肺がんは、部位や症状により、肺門がんと肺野がんに分類されています。また、組織型による分類では、非小細胞がんと小細胞がんがあります。


 気管支に近いところの癌が進んでくると、段々と呼吸が苦しくなるほどの咳が長引き、それに加えて痰が増えたりします。また、咳などの刺激で出血するので血痰が出るようになるようです。がんが胸膜に浸潤してくると、胸膜が炎症を起こし、微熱が続くようになります。また、胸水がたまり、呼吸困難を起こすなどの症状があります。

 肺がんの治療は、手術による根治治療が基本となります。根治手術後も積極的に再発予防に努めることが大切になります。手術のほか、治療法には外科療法、放射線療法、化学療法、免疫療法などがあります。これらをいくつか組み合わせて、患者の状態に合わせて適正な治療が行われています。