胃がん 胃癌 胃がん 検診に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の胃がん 胃癌 胃がん 検診情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

胃がん 検診


胃癌検診
図 間接エックス線検査
©MPC:無断複製は禁じられています。
日本人の胃がんは、減少傾向にあると言われます。確かに統計でみると胃がん死亡率は減少しています。しかし、胃がんになる人の数は、高齢化の影響により、増加してきています。

 胃がんになる人は増加しているにもかかわらず、治る人が多いため、死亡する人は、結果として増加していません。日本における胃がんの早期発見・早期治療が胃がんによる死亡率を抑えていると考えられます。

 胃がん 検診は、一次検診ではバリウムを飲んで写真をとるX線検査を行います。胃がんが疑われる場合は二次検診として、内視鏡検査や直接エックス線検査による精密検査が必要となります。


 検診で発見されたがんの6割〜7割は早期がんです。早期がんは、治療により90%以上完治します。残りは進行した状態で見つかりますが、この場合も、手術を受ければ6割以上は完治しています。胃がん 検診で発見された胃がんは、8割以上が完治しているのです。
(参考:胃がん 検診の流れとその効果)