胃がん 胃癌 胃がん 抗 がん 剤に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の胃がん 胃癌 胃がん 抗 がん 剤情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

胃がん 抗 がん 剤

 抗がん剤は、転移があって切除できない場合や、手術後に再発した場合、すなわち、手術で切除できたと思われる場合でも目に見えないがんが残っていて後で再発する恐れのある場合などに用いられます。



 胃がんの抗がん剤治療には、手術と組み合わせて使われる補助化学療法と治療が難しい状況で行われる抗がん剤中心の治療があります。抗がん剤の副作用は人によって程度に差があるため、効果と副作用の状況を把握しながら行われます。

 胃の切除後に「S-1」(商品名:ティーエスワン)という抗がん剤を呑むのが標準的な治療法とされているようです。手術のできない進行・再発がんでは「S-1」と「シスプラチン」という抗がん剤などの点滴の組み合わせで、がんの進行を抑え、縮小を目指すことが行われています。

胃がん 薬物療法

 現在、薬物療法いわゆる抗がん剤をさまざまな抗がん剤の組み合わせが試されていますが、注射や飲み薬が最も多く使われています。米国では、さらに放射線照射を組み合わせる治療も試みられているようです。

自分の身体に不利なものを排除しようという生まれつきの能力、すなわち免疫が備わっていますが,この免疫力を高めることによってがんを治そうとする試みで、薬物療法の一つに免疫療法があります。これは副作用が少ない利点はあるのですが、その効果はまだはっきりされていません。