胃がん 胃癌 胃がん 症状に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の胃がん 胃癌 胃がん 症状情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

胃がん 症状

 胃がんは、胃の粘膜にできた悪性腫瘍です。50歳後半〜60歳代の発生率が最も多く、男性の方に多く見られるようです。日本人に最も多いがんになりますが、最近は減少傾向にあります。粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層、しょう膜など5つの階層構造からできています。

 早期の胃がんは、ガンが粘膜か粘膜筋板でとどまっている状態で、進行ガンは、ガンが固有筋層から下の層に及んでいるものを指します。進行胃がんとなると、他の臓器へ移転しやすくなります。胃がんは、症状がなく初期症状がわかりにくいため早期発見が非常に難しいガンと言えます。胃がんの代表的な症状には、大体、次のようなものがあります。

  • 食欲不振、膨満感、胃の不快感
  • 胸のもたれ、胸やけ、げっぷ
  • 嘔吐、吐き気
  • 上腹部痛
  • 黒色の便が出る
  • 体重が減少し始める
 などがあります。早期、胃がんの場合、自覚症状に特有なものはなく、胃炎や胃潰瘍などの症状とよく似ていますが、症状が長期間続くのが特徴です。


 これらの胃がんの症状は、日常生活においてよくあることなので、癌を疑わずそのまま放置しておくというケースがほとんどなのです。 このような症状があり、心配な場合は必ず病院で診察を受けるようにしましょう。


胃がん 進行状態画像

引用:国立がんセンターがん対策情報センター


形の不整で診断されたIIc型早期胃癌


進行癌に類似した所見を
呈したIIa+IIc型の早期胃癌

潰瘍との鑑別が難しい早期胃癌