喉頭がん 喉頭癌 に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の喉頭がん 喉頭癌 情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 乳がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん


肝臓がんの特徴

がんは日本人の死亡原因の第1位を占め、平成20年には、34万人以上の人ががんで亡くなっています。肝臓がんによる死亡者は厚労省の2007年の調査によると、3万3千人以上にのぼり、がんによる死亡者の第3位を占めています。
 日本における肝臓がんは、C型肝炎ウィルスに感染し、長い間に慢性肝炎や肝硬変に進行して肝臓癌になる例が一番多くなっています。戦後、肝炎ウィルスに感染した人が今、その時期に当たり、ピークになっているとみられています。肝臓がんは一度発症すると、治療しても繰り返し再発しやすいのが特徴といいます。

肝臓の構造と働き

肝臓の構造
(画像をクリックすると拡大表示します。)
肝臓は、体の中で一番大きい臓器で、重さは体重の約1/50(1200〜1500g)になります。また、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、症状はよほどのダメージが無い限りありません。

これは再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持するからです。そのため異常があっても気付かず、気付いたときには病気がかなり進んでいることがあります。
肝臓の働きは、消化を助けるための胆汁を作ったり、新陳代謝によって毒素や細菌、薬物なども分解し、無害な物質に変えるなどの解毒作用があり、不用な脂溶性の老廃物を体外に出す「排泄機能」があります。

肝臓がんを映像で見る!






肝臓がん〜患者の立場に立った治療〜




肝臓がんの原因と治療

 肝臓がんは、肝臓のほとんどを占める肝細胞にできる癌です。肝細胞がんにかかる人は、1年間に約4万人でこの病気によって亡くなる患者数は8割以上になっています。
肝細胞がんの主な原因は、C型またはB型のウィルル性肝炎とされています。日本肝癌研究会の調査によれば、肝細胞がん患者の約7割強はC型肝炎、2割弱がB型肝炎ウィルスに感染していたといいます。

 胃がんや大腸がんなど癌が臓器にとどまっていれば、手術で切除する一般的治療法が行われますが、ウィルス性肝炎が原因である、肝細胞がんの場合は癌が散在しており再発の可能性も高く、がんの大きさや個数だけでなく、肝機能の働き具合が治療法の選択に影響することになります。このような背景から、手術の対象になる肝細胞がんの治療は、3割程度になっています。

 このために治療法としては、肝臓の切除手術のほか、ラジオ波治療(体の外から電極針を刺して熱で焼く治療)、がん細胞に栄養を送らないように血液の流れをストップしたり、抗がん剤投与による肝臓がん特有の治療法が行われています。

 現在、末期がんの患者に対して最後の手段として、がん専門医がひそかにすすめている自然療法があります。それは、飲尿療法です。抗がん剤の副作用を軽減し、あらゆるからだの健康障害に効果があるとされ、古くから存在する、まったく副作用のない医者要らずの「勇気さえあれば、誰にでもできる奇跡の尿療法です。
星野式温熱リンパ球治療
星野式温熱リンパ球治療
防ぐ、治す肝臓ガンの最新治療
防ぐ、治す肝臓ガンの最新治療
私、まだまだ死なないわ!
私、まだまだ死なないわ!
肝臓がんからの生還
肝臓がんからの生還

肝臓がん患者の腫瘍マーカーを低下させた新物質「ブロリコ」!

ブロリコは、イマジン・グローバルケアが東京大学との共同開発で発見した新成分です。
ビタミンCやタンパク質豊富な健康野菜のブロッコリーから抽出されたものです。

詳しくはこちらの「生命学最先端」でご覧になれます。
ブロリコは以下よりお求めになれます。↓↓
◆アマゾン
ブロッコリー抽出加工食品 アガリクスの2倍、メカブフコイダンの5倍の活性力をギュっと凝縮したブロリコ

◆楽天市場

喉頭がんとは

とは
喉頭癌(こうとうがん)とは、喉頭に発生する悪性腫瘍の総称。発症部位によって、声門上、声門、声門下の3つに分類される。発症頻度は、声門、声門上、声門下の順で低くなる。 疫学 リスクファクター喫煙が最も大きなリスクファクターである。またアルコール多飲者も高リスクである。罹患率男性の割合が多い。 病理 扁平上皮癌が多い。 喉頭癌前駆病変の組織学的分類 補足 2005年に、スウェーデンのマルメ大学で行われた研究は、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した人間との、予防手段を用いないオーラルセックスは口腔癌のリスクを高めると示唆した。この研究によると、癌患者の36%がHPVに感染していたのに対し、健康な対照群では1%しか感染していなかった。 症状 嗄声(しゃがれ声) 喉頭違和感(のどの違和感) 嚥下困難(食べ物が飲み込みにくい) 通過障害(食べ物がのどにつっかえる) 喀血(咳をすると痰に血が混じる) 呼吸困難など 治療 手術 旧来より、根本的治療として喉頭摘出術+頚部リンパ節郭清が行われる。