乳がん 乳癌 に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の乳がん 乳癌 情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

乳がん!30歳過ぎたら自己検診を!

 乳がんは、女性の癌だから閉経すれば関係ないと思う人は以外に多い。日本人の場合、乳がんの発病年齢は40歳代に比べ50歳代の方が多くなっています。30〜50歳代を中心に罹患率が上昇している乳がん、早期発見が明暗を分けています。


乳がん 乳房温存率平均65%!

 乳房の温存率は、全国的には10数%〜95%強まで医療機関によって大きなバラツキがあるが平均的には65%と定着してきている。温存率そのものは患者の病状と病院・医師の総合的な組織力などが影響するので、どこの病院で治療を受けるか事前に自分で調べて、知識を持つことは重要になります。

乳がんとは


(画像をクリックすると拡大表示します。)
乳がんとは、乳汁を分泌して乳首へ送る乳腺組織に発生するがんです。

治療効果は悪くないものの、毎年発症者が増えているので、これに伴って死亡者数も増えている。
 また、がんが発生する部位は乳首より外部上の腋のあたりがもっとも多く、全体の約半分を占めています。

腋の下のリンパ節に転移しやすく、そこから脊椎や骨盤子らどの骨や肺、脳へ転移することもあります。

乳がんの原因(発症リスク)

 乳がんの原因として、エストロゲン(卵 胞ホルモン)の過剰な分泌、初潮年齢、初産年齢、出産数、閉経年齢の関係、遺伝などいろいろとあげられますが、ハッキリした原因はまだ分かっていません。
 近年、食生活の欧米化によって、女性の発育(体格)も良くなり、初潮も低年齢化して昔より早くなる一方で、閉経は逆に遅くなってきています。また、女性の生活形態も変わり、初産の高齢化や、出産を経験のない女性や、出産回数の少ない女性も増加しています。このような背景から、出産や月経にかかわっている女性ホルモンの「エストロゲン作用」に影響し、乳がん発生のリスクを高めていると考えられています。



 初潮が早かったり、出産経験がない、高齢での初産、閉経が遅いなどでは、がんが起こりやすいといわれています。出産が1回の女性と比較して、2度出産を経験した女性では、約5%、3度以上の出産経験者は、約3割くらい乳がんにかかりにくいそうです。
 初潮は13歳以下の低年齢であった女性と、16歳以上で初潮があった女性では約3割乳がんにかかりにくいデータもあるようです。
 初産年齢が24歳以下の女性と比較して、30〜34歳の女性は約1.7倍、35歳以上の女性では約2.2倍、そして出産暦のない女性は約1.5倍、乳がんになりやすいというデータもあるそうです。ハッキリした原因はなくても、乳がんの発症、リスクを低減するための参考にしたいものですね。

乳がんのこと!もっと、知ってほしい

 がん体験者・家族・遺族、その支援者、医療者と共に、日本のがん医療を変え、がんになっても生きがいのある社会を実現することを目標に、「がん患者が本人の意思に基づき、治療に臨むことができるよう、患者擁護の立場から、科学的根拠に基づくあらゆる情報発信を行うこと」を使命として活動しているサイトで、「がん」に関する情報サービスを提供しているNPO(特定非営利活動法人)のオフィシャルサイト「キャンサーネットジャパン(CNJ)」があります。ここでは、「CNJがん医療セミナー」の情報ライブラリーが紹介されており、乳癌についてはがん医療セミナー「もっと、知ってほしい乳がんのこと」が、映像でご覧になれます。

乳がんを映像で見る!<画像をダブルクリックすると大画面に>

乳がん検診について
稲美町にあるコスモクリニック
〜乳がん検診のご案内〜

乳がん検診について
乳がんは自分で発見できる数少ない「がん」の一つです。正しい視触診の方法と知識を習得することで、大切な乳房と命を守ることができるのです。 知識の泉で始める乳がん早期発見の第一歩!

「乳がん」と言われたら…
icon
icon
乳がん大百科
icon
icon
大丈夫だよ、がんばろう!
icon
icon
支え 乳がんからの生還
icon
icon

乳がんとは

とは
『乳癌』より : 乳癌(にゅうがん、英: Breast cancer)は、乳房組織に発生する癌腫である。 疫学 世界中でよく見られる癌で、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされている。また乳癌女性患者のおよそ20%がこの疾患で死亡する。 乳癌に罹患するリスクは年齢と共に増加する。生涯で乳癌に罹患する確率は、日本人女性で16人に1人、男性で極めて稀である。欧米では8〜10人に1人である。 罹患の要因 乳癌に罹患する確率は色々異なった要因で変わってくる。家系によっては、乳癌は遺伝的家系的なリスクが強い家系が存在する。人種によっては乳癌リスクの高いグループが存在し、アジア系に比べてヨーロッパ系とアフリカ系は乳癌リスクが高い。 他の明確になっているリスク要因としては以下の通り。 妊娠・出産歴がない。出産回数が少ない。 第一子出産の後、母乳を与えない。なお、関連がないとする報告もあり。 初経年齢(月経が始まった年齢)が低い。 閉経年齢が高い。 ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けている。