乳がん 乳癌 乳がん ホルモン 療法に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の乳がん 乳癌 乳がん ホルモン 療法情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 乳がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

乳がん ホルモン 療法

 乳がんや前立腺がんは、胃がんとか食道がんとか肝臓がんなどと違って、抗がん剤として化学療法剤のほかに、抗ホルモン剤が使用されます。これは主として、卵巣からでる女性ホルモンが、乳がん細胞に作用してがん細胞を増殖させる働きがあるからです。


 この抗ホルモン剤を投与することを「ホルモン療法」と呼びます。ホルモン療法は、がん細胞が増えるのを抑え、再発・転移を予防する治療になります。


 乳がんの中には、女性ホルモンの影響を受けて、分裂・増殖が促進される性質を持ったものがあります。女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、乳がん細胞の中にある、エストロゲンレセプターと結びつき、乳がんの増殖を促すと言われています。初期の内科的ホルモン療法は、アンドロゲン(男性ホルモン)、エストロゲン(女性ホルモン)、プロゲステロン、副腎皮質ホルモンが使われたそうです。

 統計的に男子乳がんは、女性の乳がんの約200〜300分の一の発生率です。また、若くして卵巣摘出を受けた女性の乳がん発生率もおよそ約100分の一と言われています。このことは乳がんの発生には、卵巣から分泌される女性ホルモン、すなわち、女性ホルモン(エストロゲン)が乳がんの発生と進行には、深く関係があると考えられています。