心臓の働き

心臓の血液循環図
参考文献:「からだがわかる本」法研
 心臓は、その人の握りこぶしの大きさで、筋肉でできています。血液を全身に送るため、一分間に約70回も収縮・緊張を繰り返しています。

 一日あたりでは約10万回、一日に約8トンもの血液を送り出すポンプの役割を果たしています。

 そのため、心筋は十分な酸素と栄養が必要です。心臓の周りには、冠状動脈が走っていて、心筋に血液を送る仕組みになっています。

 心臓の左右の心室は収縮することで流れ込んできた血液を心臓の外へ送り出します。

 右心室は、全身の組織をめぐってきた血液をガス交換のために肺に送り込み、左心室は、肺からきた新鮮な血液を全身に送ります。


 このように、心臓は血液を全身に巡らすためのポンプとして休むことなく動き続けています。このポンプの役目は大きく分けて2つになります。
 (1)血液を肺と全身へ送り出す働き
 (2)血液を肺と全身から受け取る働き
この2つの働きによって、心臓は全身に血液を循環させています。

心不全とは


 心室の収縮力が低下すると、心臓のポンプとしての役割が果たせなくなって、身体に必要なだけの血液を送り出せなくなるのです。右心室の力が低下すると、静脈から入ってきた血液がつかえて静脈系がうっ血するため右心室不全となります。

 左心室の力が低下すると全身に血液が送れなくなり、肺静脈からの血液が停滞して肺静脈がうっ血するために左心室不全となります。心不全はこのように、心臓の機能が低下した状態を表す症病名をいいます。




心不全の原因

 心不全の原因としては、動脈の内側に中性脂肪やコレステロールが沈着して狭くなる動脈硬化が一番多いといわれています。心不全の原因は、以下のようなものがあります。

 (1)不整脈、頻拍症
 (2)高血圧、弁膜症、先天性心疾患
 (3)心筋梗塞、心筋症、心筋炎
 (4)貧血、慢性肺疾患
 (5)代謝異常(甲状腺機能亢進・低下)
 など、心臓以外にも大動脈、腎臓、甲状腺などいろいろな器官の病気が心不全の原因となります。

心不全 症状

 心不全の症状は、左心不全と右心不全では、症状が異なります。  左心不全の場合は、軽い内はじっとしていれば症状は出ませんが、身体を動かすと血液が不足して、動悸や息切れが起きてきます。

 左心不全は、大動脈弁膜症、高血圧、冠動脈硬化、心筋梗塞などの病気があって、左心室の肥大や疲労が起きて出てきます。血液が左心房室から左心室へ入って行きにくいため、肺うっ血が出てくると、血液の水分が肺の組織に浸み込んでくるため、息切れがしてきます。

 さらに強くなってくると息苦しくて、横になっていられなくなり起き上がってしまいます。せきや痰も出てきます。血痰が出ることもあります。昼間は比較的楽でも夜間には息苦しくなり起き上がることもあります。

 右心不全の場合は、静脈のうっ血から静脈が膨れ上がり、肝臓が脹れてからだ全体がむくんできます。肺動脈弁狭窄・心房や心室の中隔欠損、などの病気があって、右心室に負担がかかり、疲労してきて、全身にうっ血が出てきます。息切れはありません。

 肝臓が腫れ、足にむくみが出てきます。胃にうっ血がくると、食欲がなくなり、吐き気が生じます。足のくみは軽いときは、分かりにくいが、足の骨のあるところを指で押すと、あとが残ることで分かります。

 うっ血が強くなると、全身に出てきて、尿が少なくなります。腹腔にも水が溜まってきます。左心不全も長い間には、右不全を起こしてきて、両心不全という状態になります。

心不全 治療

 心不全になったら、心臓に負担をかけないようにするため、まず、安静にすることです。座った方が楽なら座らせる。食餌療法が大切で、入院治療が望ましい。

 食塩一日3グラム、水分1,000〜1,200mlくらいに抑える。薬は利尿剤とジギタリスがよく用いられます。利尿剤は、身体に溜まった水分を尿にして排出させます。心不全の特効薬ジギタリスは弱まった心臓の収縮を強くしてやり、また、速くなった動きをゆっくりする働きがあります。

Yahoo! JAPAN ウェブ全体を検索このサイト内を検索