食道がん 食道癌 に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の食道がん 食道癌 情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 子宮がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 乳がん 前立腺がん 食道がん

食道がん! 60代前後で増加中!

 食道がんが見つかった人は、厚生省によると、'97年に約11,000人で、胃がんの約9分の1です。しかし、死亡数は、9,599人で胃がんの約5分の1と、死亡率は高くなっています。男性が女性の約5〜6倍、食道がんに罹っています。年齢的には、40歳代後半から、男性は急激に増加しており、60歳前後で特に多い病気です。


 食道がんは、喫煙との関係が深い癌のひとつですから、食道がんの予防のためには、禁煙が第一です。

食道の構造と働き

 食道は、長さ約25cmの管状の臓器で上部は咽頭、下部は噴門をへて胃につながっています。管状の断面は、2cm×1cmのちょうど楕円形をしており、食物が通るときだけ大きく広がる仕組みになっていますので、食べないときは塞がっています。この食道を液体は、0.5〜1.5秒、固形物は6〜7秒で通過しています。

 食道は、同じ太さの管状ではなく、入口、気管支と交差しているところ、それに横隔膜を貫いているところの3ヶ所がくひれたように細くなっています。食道がんのできたりするところです。
食道がん 解剖図
(画像をクリックすると拡大表示します。)

 口から、のどを通ってきた食物が食道に入ると、輪状筋が前後左右に、縦走筋が上下に、同時に伸縮することによって、蠕動(ぜんどう)を起こし、食物を先へ先へと送ります。この蠕動は、自律神経によって行われています。

 胃への入口には、括約筋があり、普段はこの筋肉が縮んで噴門を閉じています。これは、食物が食道へ逆流しないようにするためです。食物が食道の末端までくると、その刺激によって括約筋がゆるみ、噴門が開いて、食物を胃の中へと送り込みます。

食道がん(食道癌)とは

 食道がんは、、のどの下から、胃の入り口までの間のどこかにできるものですが、食道がんになる約8割は、胸部の食道に発症しています。特に、50歳代、60歳代の男性に多い癌です。

 長年にわたって酒や、タバコを好んでいたり、また、辛いものを良く食べる人に多くみられると言われています。食道がんは、進行は早く、周囲の臓器やリンパ節への転移も起こります。食道がん(食道癌)の発症率はがん全体からみれば、それほど罹患率の多い癌ではありません。

食道がんとは

とは
『食道癌』より : 食道癌(しょくどうがん、英:Esophageal cancer)は、広義では食道に発生する癌腫の総称。 疫学 日本では、60歳代の男性に好発し、男女比は、3:1程度である。また、食道癌全体の93%以上を食道扁平上皮癌がしめ、発生部位も胸部中部食道に多いのに対し、アメリカではここ30年ほどで扁平上皮癌の割合が低下し、現在では約半数を食道胃接合部近傍の腺癌が占める。その違いの原因は明らかではないが、ひとつは禁煙による癌発症予防効果が扁平上皮癌の方が高いことが挙げられている。これは、アメリカでは日本より禁煙が進んでいるためである。白人に比べて喫煙率が高い黒人では扁平上皮癌の罹患率がより高いことが示されている。また、バレット食道の罹患率がアメリカのほうが多いという点も理由に挙げられる。 病理 以下の種類に分類されるが、扁平上皮癌が全体の90%以上を占め、ついで腺癌である。 良性上皮性腫瘍扁平上皮乳頭腫 腺腫上皮内腫瘍扁平上皮内腫瘍(低異型度・高異型度) 円柱上皮内腫瘍上皮性悪性腫瘍扁平上皮癌(高分化型・中分化型・低分化型) 類基底細胞癌 腺癌(高分化型・中分化型・低分化型) 腺扁平上皮癌 粘表皮癌 腺様嚢胞癌 内分泌細胞腫瘍(カルチノイド、内分泌細胞癌) 未分化癌非上皮性腫瘍平滑筋腫瘍 消化管間質腫瘍 (GIST) 神経性腫瘍リンパ球系腫瘍 腫瘍様病変異所性胃粘膜 異所性皮脂腺 Cowden病 グリコーゲン表皮肥厚 分類 病期分類は、国際的に多くの腫瘍で用いられる通りTNM分類によって行われる。