前立腺がん 前立腺癌 前立腺がん 治療に関する、超お得な検索エンジン上位表示のお役立ち、最新の前立腺がん 前立腺癌 前立腺がん 治療情報をあなたに提供しています。
がんTOP 胃がん 肺がん 肝臓がん 大腸がん 喉頭がん 乳がん 子宮がん 前立腺がん 食道がん

前立腺がん 治療


 前立腺がんを例として、がん治療の選択の難しさが、2000年10月の中央区立中央会館にて開催された、第9回市民公開講演会「がんについて」以下のテーマごとに詳しく紹介されていますのでご覧になれます。
1.治療法選択のプロセス
2.前立腺がんとは何か?
3.前立腺がんの治療法
4.治療法選択の考え方
5.治療法選択の理想と現実
6.おわりに―今後の課題
7.Q&A

前立腺がんの治療方法

療法名 良い適応と特徴
待機療法 グリーソンスコアーが6かそれ以下でPSAが20ng/ml以下、病期T1c-T2b
手術療法 期待余命が10年以上でPSA<10ng/ml, グリーソンスコア7以下、かつ病期T1c-T2b
放射線治療 局所前立腺がん、局所進行前立腺がん 緩和としても使用される
密封小線源治療 グリーソンスコアーが6かそれ以下でPSAが10ng/ml以下、病期T1c-T2b
内分泌療法 全身に作用するため転移を有する前立腺癌の場合には第一選択。しかし治療を続けると、いつかは再燃と呼ばれる治療抵抗性となる

前立腺がんの病期別治療方法

(※ 治療法はあくまで参考です、ご注意ください。医師と相談の上、患者さんの状態に合わせて、納得のいく治療法を選択することが大切です。 )
病期別 病期別治療方法
I期 がんが前立腺内にとどまっている早期のがん。前立腺全摘除術による根治治療が行われます。
II 期 比較的早期のがんでまだ前立腺内にとどまっている状態。前立腺全摘除術による根治治療が主に行われます。
III 期 がんが前立腺の被膜を破って進展している段階。I期、II 期の限局がんに比べると根治の可能性は低いとされます。内分泌療法単独または放射線療法と内分泌療法が併用されます。
IV 期 リンパ節やほかの臓器に転移がみられる段階。基本的に内分泌療法が行なわれます。 転移による痛みや、神経の麻痺に対しては放射線療法など併用されます。